Nuts 4 Tracks
Talk about My Life Works

D. South Hits

最近は仕事の話が多くヒップホップのネタが少ないと言うことで、お叱りを受けまして久々に身の回りのヒップホップ記事を・・・と言っても自分のお気に入りベスト3を紹介するだけなのですが、ちいっとお付き合いを。

ヒップホップと言えばはダーティサウス、アメリカ南部の音が主流ですが(自分の中では)その中でも2010年7月現在のダウン・サウス界で熱い音といえば以下のアーティストでしょう。ストリーミング付きなので、気になる方は試聴してみてください。


 
↑このトラック、間違いなく最近のナンバーワンですな。実はヤング・ジージィはそれほど好きじゃないんですが、リルジョンとコラボしているので聞いてみたところブッ飛びでした。フロアではイケイケの1曲です。
  


 
↑ミックステープ界ではガンガン活躍しているのですが、勢いがあるわりには外にでっかく羽ばたいていない大物です。商売が下手なのか、メジャーを避けているのか?本作は大人気のラッパーDrake(ドレイク)と 甘いボーカルでお馴染みのLloyd (ロイド)をフィーチャーした非常に聞きやすいトラック。予想では数ヵ月後には火がついているはずです。
  


 
↑昨年「Flight 360: The Takeoff 」というアルバムをリリースし徐々に知名度を上げていますが、日本ではまだまだ知られていません。この曲は今後リリース予定の「Supply & Demand 2」という3作目からのシングル。イントロが Waka Flocka の大ヒット「O Let’s Do It」に似てたりしますが、結構古くから頑張っているグループなんです。結成は97年、昨年はリルウェインとバードマンをフィーチャーした「Big Dawg」がアンダーグラウンドで大ヒットしたっけ。
 
とりあえず、いつまでも紹介し続けられるのでこの辺でやめておきましょう。
多分またやります!

 

Leave a Reply