Mental+Management

ありがたいことに、今私がやっている「DJと音響がセット」という利便性のためでしょうか、自分では思いつかないような案件の相談が日々ございます。先週も通常のウエディングや企業パーティーは勿論、「街コン」や「貴婦人が集まるパーティー」、「ビジネス・スクールの卒業パーティー」、「ディスコ・パーティー」など、与えられた課題を楽しんでいる毎日です。

地方の方は別として、基本的には直接お顔を見ながらお会いしてお話を聞くというスタンスをとっていまして、ご依頼の内容を聞いて、実際に会場に足を運んで準備万全で当日にのぞむワケです。その方が自分もご依頼主も安心ですし、こちらに求められている構図がイメージできる。自分の仕事は準備で80パーセントが決まると言っても過言ではありません。

しかし、そんな余裕のあるパーティーばかりではない、というのも現実にあります。「すみません、明日空いてますか?」といったお客様が何らかの都合で急遽問い合わせをしてくるような時は、会場の下見はおろか、何もわからないまま当日を迎える時もあります。不備のないように準備はしていくのですが、当日に行ってみて「そうだったのか!」と驚いてしまうことも多々あります。

ただ、そんな時は「できないこと」にネガティブになる気持ちから切り替え、「できること」をどんどん進めるように持って行きます。実はこの考え、娘のテニスのコーチから学びました。テニスの試合というのはメンタル的な部分が大きく勝敗を左右するのですが、この考えは今までの自分の仕事ぶりを振り返って当てはまるところが沢山ありました。人を楽しませる仕事ですので、メンタル面で自分がネガティブになると徐々に感染していく。逆に自分が楽しんでいれば、そのパワーはキチンとお客様に伝わるんです。

と、そんなことを考えたコーチからの言葉でした。やはり子供に部活などに参加させることは、将来的にも意味があるんでしょうね?

—————————————————————————–

おまけフォト(最近写真を撮る余裕がなくて・・・)
 
いつもお世話になっているDisco Partyです。普段はカフェの場所をディスコに変身!
 
4年目に突入!横須賀ベースのクラブにて月に数回DJを担当しています。敷地から一歩足を踏み入れると、そこはアメリカです。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください