得意分野、興味のあることの強み

2018年度はモバイルDJ事業に加えて、以前より毎年少しづつ携わってきた音響映像の工事をご依頼いただきました。DJが音楽を楽しんでもらうためには良い「音響環境」が大切です。パーティーではある程度の音圧で音量を確保できること、またウエディングなどでもせっかくの演出時に音が割れてしまっていては残念です。そのためにも会場の常設音響機器は非常にポイント。私が経験しているウエディングの会場はほとんどが常設機器が最低限であるために、自分がDJを行う際は8割以上の会場に音響機器を持ち込んでおります。それなら、最初から会場の音響機器が良くできていれば一発解決なんです。そんな疑問に常に悩まされているので、私のようなテクニシャンは会場の音響システムの施工に向いていると言えます。

2018年度は大きなウエディング会場の音響映像システム設計を2件手掛けました。どちらの会場のプロデュースも今を時めく若手で勢いのある会社です。それは、もう気合が入りましたが、私の場合は会場を作って終わりではなく、その後のオペレートも手掛けることになりますから適当な施工は絶対にできない。機材の知識も人一倍勉強しなければならないモバイルDJビジネスですから、大好きな得意分野を沢山活かせるため柔軟に取り組むことができます。

実際の工事は職人さんが集まる「現場」となります。大工さん、土木屋、左官屋、電気屋などなど多くの匠技を持った男達がひしめく場所です。それは大変な戦場でありますが、職人さんの仕事には学ぶことが沢山あります。

DJでありながら、音響テクニシャンでもあり、箱のシステム設計まで興味を持ったDJがかつて存在したでしょうか?自分の興味の幅をここまで広げることを許してくれる周りの協力者は、本当にありがたい。これからも極力わがままに突き進むイノシシになりますので、ご理解ください。自由にしてくれたら本領を発揮するタイプだと思います。

*****************************************
こちらの建設中の建物が

—————————————-
↓完成後はこのように(自分の成果ではありませんが・・・)

—————————————
↓こちらは取り付けたスピーカーですね

————————————-
↓高いところは今でも震えます

———————————–
↓こちらの会場の音響は非常に自慢できる仕上がりになりました。

————————————
↓こちらは昨年の年末の写真。DJ Iona(アイオナ)

———————————–
↓これも昨年の思い出。Hokulani(ホクラニ)さんとスティーブン。ファミリーです。

———————————–
↓忘れられないウエディングの二次会でした。

※写真はインスタでアップしておりますので、興味のある方はこちらを

モバイルDJ

DJの会社を個人事業で起業して8年、法人化して5年となります。会社の決算が3月でして、先日5期目となる決算書を税理士さんからいただきました。ソウルピーナッツはおかげさまで5期連続の黒字(といっても微々たるものですが・・)今後も益々DJで世の中に貢献できるように躍進します。商売を始めて初めてわかりましたが、DJがこんなに多くの方に必要とされていることは想像もしませんでした。ご依頼いただいた仕事は期待を裏切らないよう、ひとつひとつ真心を込めて仕事をしておりますし、今後も初心を忘れずお客様の期待に応えれるようにしたい。「モバイルDJ」という仕事をもっと多くの方に知ってもらえるよう広めていきたいです。ところで、ここ最近「モバイルDJ」と名乗る会社がちらほら出てきましたが、その言葉はソウルピーナッツが日本で最初に使い、広めようと努力した言葉です。余談となりますが「モバイルDJ」という言葉の特許申請を数か月前にしまして、審査をされた方が「モバイルDJという言葉はこちらのホームページでも使われているから独占はできない」とご指摘を受けました。拝見したところ、3つのホームページから抜擢されていたものは、私がこの仕事のノウハウを惜しみなく教えて独立した方々のホームページから抜擢されたものでした。おかげで審査が通りませんでしたが、何とも皮肉な話です。

さて5月は税金の季節。個人の税金はもちろん、車やバイク、法人税に消費税(←これが痛い)きれいさっぱり国に納めてクリーンな会社で居続けますよ!

————————————————————–
以下、最近の仕事を写真で語るシリーズ。

1. 外でウエディングの季節になってきました。今年もすでに沢山の屋外ウエディングの予約が入ってます。

 
————————————————————-
2. 珍しく集合写真に加わることができました。永久保存版ですな。新郎新婦様はもちろん、全員良い顔してます。

———————————————————-

3. ↓こちらはプランナー上野由賀里さんの案件でお手伝いしました鳩山会館での模様。

 
要するに鳩山さんのお宅でした。室内はもちろん、お庭がとても素敵でした、

 
————————————————————–
4. こちらは国際ウエディング。ファーストダンスをとても練習されていたようで、その見せ所でパシャッ!

 
—————————————————————
5. こちらは米軍基地内のカラオケ大会を担当した際の写真。アメリカ人よく歌います。普通に下手な人が多い気がしますが英語はうまかったです。カラオケ機材と音響もご注文お待ちしてます!

 
———————————————————–
6. こちらはベリーダンスのショウをお手伝い。音響と照明を担当しました。個人的にベリーダンサーの知り合いがここ数年で急増中。安くて便利な人になってます。

 
———————————————————–
7. ↓年に一度ご依頼をいただいているイベントとなります。会場広くてううッ、と毎回ビビッてます。

 
相方はおなじみSteven Haynes赤い帽子の方です。

———————————————————-
8. 上記のイベントと同日に行われたアフリカ各大使夫人主催のイベント。ダッシュで会場入り!

 
——————————————————–
9. Miss Supranational Japan2017の日本大会ファイナルにて音楽を担当しました。

 
ステージの右端にいるのが自分。こちらのオープニングアクトのチアグループはなんと平均年齢が70歳超え?!リーダーは84歳の方です。

 
前日リハの際に2016年のMiss Supranational 世界大会の優勝者Shettyさんとパシャリ。自分の姿勢の悪さが目立ちます。

 
そして二次会まで仕事、仕事・・・ 

 
———————————————————
10. サイゼリアの創始者、正垣会長のお話を聞きにセミナーに参加。とても参考になるお話でした!地元が誇る真の商売人です。

 
*************************
皆さんのご健闘にも乾杯。また次回!
 
 
.

夢見るDJ屋さん

機材にお金をつぎ込むあまり、モノが増えて倉庫の足場がなくなるこの頃。この商売を始めた時は、まずは自宅の子供部屋に機材を置いておりました。音響機材ですから大きいものが多く、起業してすぐに自宅が機材で一杯に。
次に目を付けたのはトランクルーム。2畳くらいの大きさで天井まで一杯に機材を積み、奥の方の小さいものを忘れたときは全部一旦出して、なんてやってるうちに、これはやってられないと・・・
次に借りたのは古い一軒家。2階建てだったのですが、すぐに立ち退きを食らい出ていく羽目に。そして現在の倉庫もかなりボロい建物ですが、そこそこ広いので最初は機材を置いてもガランとしておりました。それが今はグチャグチャ状態。次はビルを買うしかない。あてもお金もないのですが、目標は手を伸ばした少し上へ設定。ビルと言えば、足りない機材があるときはサウンドクルーさん(東京最大級の音響屋さん)へ時々行きますが、音響屋さんでこんなビルが建てられるんだな~と。なんとも夢がありますな。

さて、ブログを書いていない長い間も仕事はしておりました。まだ死んでおりません。毎週本当に色々とご依頼をいただいております。今年でこの商売を始めて8年目になりますが、まさかこんなに長く続けられるとは自信がありませんでしたので、奇跡の毎日に感じております。
******************************************
最近お世話になっております、ウエディングサーカスさんのブライダルフェア。音響と照明を担当いたしました。センス良すぎです!

 
******************************************
ブライダル産業新聞には、これまでも色々と取り上げてもらいましたが今回はせっかくなのでアップします。

 
******************************************
夏祭りの出張はトラックでDJ!4トントラックの荷台を簡易ステージに。DJはもちろん、トラック運転手まで担当しました。今回ご依頼をいただいたのは埼玉の障碍者支援施設。こんなに音楽が大好きな方々を見たことがありません。

 
————————–
大雨に悩まされましたが、そこはスティーブンさんは関係なし。

 
*************************************
こちらは普段よりお世話になっているクレイジーウエディングさんの屋外ウエディング。というか、音楽祭りでしたね。やはり大雨にやられましたが、本当に素晴らしいウエディングでした。雨も良い思い出です。

 
**************************************
大好きなウエディング・プロデュース会社、ベルベデーレさんのご依頼で軽井沢までヒトっ飛び!遠くに見えるのは浅間山です。

 
———————–
感動的なファーストルック。いまだ鮮明に覚えております。この吊り橋、揺れる、揺れる。

 
*************************************
今まで受けた仕事で最大級の規模でした。横浜アリーナにて3000名のパーティー。しかもDJでも音響でもなく、まさかのナレーションを担当。

 
——————–
この日のDJ はベテランのマイマイさん。リハーサル中に後方から盗み撮り。

 
*********************************
さて、本題ですが私はバカでしょうか?1日に高速で2回パンクして運ばれました。JAFさんありがとう!君無しでは生きていけない・・・

 
答え:バカです
 
次回に続く>>>>>>>

 
 
 

Goodnight, ALI

少し前のことですが、私の大好きなモハメッドアリとプリンスが他界してしまいました。アリは私が18歳の時にハーレムでボクシングを始めた時に大好き過ぎてビデオが擦り切れるほど鑑賞し、ボクシングの世界に入り込むきっかけとなった忘れられない人物。私にボクシングを教えてくれた黒人のおっさんもモハメッドアリを敬愛しておりましたので、影響は大でした。へヴィー級なのにバンタム級ほどの軽快な動き、特にあのフットワークは必死になってマネしました。自分のボクシングは趣味程度で終わってしまいましたが、今でも時々ゴールドジムへ行ってサンドバックを叩くのは、「彼のように強くなりたい」という当初のあこがれがあるからだと思います。特に仕事でへこたれている時はなおさら勇気をもらえる気がしておりました。

そしてプリンスも同様、若い時から今までずっと影響を受け続け思い入れのある人物。悲しいことながらコンサートで彼のサウンドを実体験することはできませんでしたが、19歳の時にニューヨークのクラブで彼とすれ違ったことは、ちょっと自慢できる出来事でした。When Doves Cry、Sexy MF、1999、Kiss、I Wanna be Your Loverなどなど頭を打ち抜かれるような衝撃を受けた曲の数々。マイルスの自伝で「プリンスはやばいぞ」と言っていたのが忘れられません。ニューヨーク滞在時に大好きなマイルス・デヴィスとジャズシンガーのサラボーンが他界し、ライブを見逃してしまった私は「好きなミュージシャンは生きてるうちに見なければ」ということを実感しておりました。死ぬまでにプリンスを見れなかったことは、本当に悔やまれます。そうは言え、ここのところのヒップホップの元気なシーンには本当に支えてもらってます。信じられないかもしれませんが、音楽に依存して生きてきた自分にとって音楽シーンの活性は最優先事項なのです。

さて、前回の更新からすっかり時間ばかり経過しておりますが、毎週毎週相変わらず戦っております。週末の山を越えたら、また次の週末の山。終わりはありません。男は戦えるうちが花でしょう。戦いを拒否する生き方もあるかもしれませんが、意欲があるうちは叩かれても、ダルマのように転がり起きることができます。最近思うのですが、本当に必要とされて引き受ける仕事もあれば、必ずしもそうではない仕事もある。人間ですから本当に必要とされていれば、その期待に応えたくなる。自分の仕事は、その案件に対し持っている全てを出し切って、喜んでもらうこと。毎回そういった充実感を味わいたいし、それができない環境に身をおくことは自分で会社をやっている意味がない、なんて思ってしまいます。経営者の皆さんはどう思っているのでしょうか?

************************************************************
最近の仕事の一部をご紹介

今年も多くの仕事でタッグを組んでいるスティーブン。彼が初めて主催したミススプラ・インターナショナル・ジャパンにて。緊張しているようで笑っちゃいけないんですが、笑っちゃいました。


私の担当はミスコンたちのアフターパーティーでした。全国から集まった美意識の高い女性たちですが、アフターパーティーでは少し気が緩んでいたようです。


カナダ大使館にて。来日したカナダのピアニスト、エミーRルセールの音響を担当しました。PAはパートナーの福元氏。


横須賀基地にて。スイート16のパーティーで出張DJ。写真はお父さんと踊る主役のKCちゃん。かなり企画力のあるパーティーでした。


そして本格的なパーティーへ突入。めちゃくちゃ盛り上がり、自分の役目はきっちり果たしました。


ここからはウエディングについて少々。いつもお世話になっているクレイジーウエディングさんの装飾。スケールでか!ミニチュアではありません!


こちらも同じくクレイジーさん。大きな会場でしたが何とか音響オペレートを乗り切りました。


こちらは最近お付き合いの深いベルベデーレさんプロデュースの案件にて。花が咲き乱れて、最高でした。


こちらは長野のいしださん案件。サルサを通じて知り合ったお二人。南米出身の新婦さんとプロ級のサルサを踊る姿が忘れられません。


お友達がパーティーの企画をするケースは多いのですが、サポート次第ではとても暖かい空気感でいっぱいになります。記念写真パシャリ!滅多にないので載せました。


映画「かみさまとのやくそく」上映会を開催しました。説明すると長いので←リンクをご覧ください。あまりの衝撃的なドキメンタリーで、多くの方に見てもらいたく企画をしました。映画終了後に会場の明かりをつけると皆さんの目には涙が。育児中のお父さんお母さん、親子関係に悩んでいる方、人生に迷っている方など、この映画を見て救われた方がたくさんいると思います。写真は上映中の様子。


今年もご依頼をいただきました、Farasa Studioさんの海外ゲスト来日ショー。写真はリハーサルの様子。ホールの持ち込み音響を担当。


滋賀県大津市へ出張、もちろん車で。特殊照明とMC、そしてDJを担当。


頭半分が見えているのはDJのサネリッチ。この日のミックスはすんごかった!


7月の頭に北海道へ帰省しました。写真は昔育った家の周辺。なかなかの田舎度です。


思い立ってある所へひとりドライブへ出かけたのですが・・・・


旭川から知床半島は遠かった!車で6時間もかかりました。あらためて北海道は広いと実感


仕方なくウニでも喰ってきました

 
また次回!

であい

2月も物凄い速さで去っていきましたが、こんなオフシーズンだからこそできることに専念していると結局3週間も休めず終いとなりました。朝9時にパソコンに向かい座りっぱなしのまま、気が付くと12時を回っている(もちろん夜中の)ってことも1週間くらい続きました。おかげで腰痛がひどく、月末はスポーツトレーナーのお世話になる結果に。誰かこの事務作業を手伝っておくれ~と海に向かって叫びたくなるのも無理はない。

さてそんな中、2月3日の新正月(節分)に急遽、奈良の天河神社を再び訪れることになり(前回のブログ記事にも書いてます)1か月ぶりに車での長旅を決行。ほぼトンボ帰りで丸一日を運転時間に費やし、ヘトヘト状態に。そんな弱った自分を吹き飛ばしたのが、天河神社で出会った人と音楽でした↓

そこで遭遇したのは岡野弘幹さん。彼のことを知らなかった自分は大変失礼な質問をしてしまったのですが、世界的に活躍するマルチタレントでこのタイトル「地球響命」通り、非常にスピリチュアルなレベルで音楽をとらえている、素晴らしいパフォーマンスでした。ネイティブ・インディアンの楽器を多用し、アンビエントなシンセ使い、そこに複数名のヴェーダ(お経)をコラボ・・・説明するのも難しいですが、今までに聞いたことのない鳥肌モノの空気感でした。30年以上も音楽に携わっているのに、日本にこんな音楽家が存在するとは!しかも、歴史深い神社の正式行事だというのに、昼間からDJが四つ打ちのハウスをガンガンプレイしている驚きの光景。貴重な体験の数々に感謝!

↑この光景に四つ打ちがガンガン。火と音楽と清酒(振る舞い酒)男の興奮剤がずらり。
 
こんな興奮的な体験も冷めやまない最中、自身の仕事を評価する中で「お客様の満足度」や、自分の目指している方向を考えたときに非常にツボにはまったお仕事をさせてもらいました。
こちらの写真の中央に映っている20代のカップルですが、あるつながりからお問い合わせをいただき、今回は司会を含むウエディングDJの二次会をご依頼いただきました。打ち合わせの時点で良い予感はしていたのですが、7年この仕事をしているので次の観点から良い想像が掻き立ちます。1.人柄を含めナイスなカップルである。2.音楽が好きである。3.良い友達に恵まれている。
これに当日のお酒が加わるのですが、この条件が揃えばほぼ間違いなくウエディングDJとしての良いパーティーになることは確実。これはアメリカ人や海外のパーティーを担当していても、いつも同じことを感じます。今回はお二人に心の底からお礼を伝えられ、私自身も本当に感動してしまいました。このような質の高い仕事がもっとできるよう、日々自分を高めて行きたいと思います。
 
最後に以下の人物(左)リチャードさんをご紹介します。写真は12月に久々に再会した時です。

それは忘れもしない2011年11月11日。(1が多いからね)当日の自分は横浜で17:00~23:00までDJの仕事が入っておりました。この日の前日に彼の奥さんになる方が電話をくれ、「明日予定していた私たちのウエディングパーティーのDJが勝手にキャンセルしたんです。なんとかなりませんか?」と泣き気味。本当に困った様子で、何とかしたいと思いました。知恵を絞って方法を考えたあげく、19:00~21:00までは横浜に他の人間を根回し、私は横浜から青山まで普段は乗らない電車で会場までひとっ飛び。更にそのウエディングパーティーでのDJが盛り上がってしまい、引き返す私を止めようとしてくれたのですが、再び横浜会場の約束も守らなければならなく、汗だくで引き返し、見事両方をやり遂げました。かなり無理があり、下手するとどちらにも迷惑を掛けかねないと思ったのですが、今考えると、この方から今の人脈へのつながりが凄いことになっているのです。この会場に来ていたスティーブンと初めて知り合い、ミスコン関係の仕事で枝が広がり、そのまた紹介で他の人脈もどんどん広がっていること!人とのつながりは時にプライスレスな価値をもたらします。人間は、どこでどんな方とつながるか、その時は想像もつきません。そのキーパーソンとつながることにより、人生がとてつもない方向へ行くこともあり得る。だから、どんな人とも、どんな時間も邪険に扱ってはいけないのだな~とリチャードと出会って思い出したので、皆さんにもシェアしようと思いました。
 

しめの写真は長野市出張の際に人生初、善光寺にて「おあさじ」に参加してきました。あまりの寒さとお経の気持ちよさでトランス状態に。