Nuts 4 Tracks
Talk about My Life Works

健康DJ

Published by on 2013, 10, 28

7月からスポーツ・ジムに通い始めて、早数カ月。アメリカ発祥のGold Gymでワークアウトしているのですが、今まで三日坊主で全く続いた試しのないスポーツ・ジムが今回は奇跡的に継続している。ゴールド・ジムと言えばマッチョマンの世界的な有名人を多く輩出しているところですが、個人的には全然マッチョには興味なし。んじゃ何故かって、ゴールド・ジムは格闘技に力を入れている店舗がございまして、サンドバックが設置されているんです。40歳を過ぎて、昔やっていたボクシングを懐かしく思い、ちょっと始めてみたら、ハマった・・・というのが継続できている要因です。おかげでビールっ腹がへっ込み、ちょっとだけ体力がついた気がします。朝7時からやっている点も嬉しい。9時には通常通り仕事が始められます。

健康を意識し始めたところで、良い循環が作用していまして、食生活にも気を配るようになったり、ビールもアホみたいに飲むのをやめたり、良いことづくしなんです。今の仕事は体力が無ければ話になりませんし、おじいちゃんになってもDJの現場で活躍していたい。70歳くらいになって(生きていればですが・・・)「お仕事は何をやっているんですか?」と聞かれた時に「DJをやっとる!」なんて言えたらカッコウ良いと思いません?度を過ぎた健康フェチになるつもりはありませんが、今の仕事が大好きだからこそ、長く続けたい。そうしたら健康でなければお話になんないんですね・・・偉そうに言ってますが、今更気づいたんです。

ということで、今日も20キロ以上あるスピーカーを何個もかついで、元気に仕事へ行ってきます!

————————————————————
一部ですが、10月のお仕事色々。

↑ カナダ大使館にて、次世代音響システム「Auro 3D」のセットアップをお手伝い。ドルビーシステムをはるかに凌ぐ、9.1CH仕様。後ろの高いところから斜め前へと音がビュンビュン飛んできます。

————————————————————-

今年は少なかったのですが、クルーズ船のお仕事にて。写真のDJ はケンちゃん。私がメインフロアを担当し、彼が2階を担当。お客さんを全部2階へ持って行ってくれました。

————————————————————

いつもお世話になっているビヨンドさんからご紹介のパーティー。テレビでお馴染の経済界の代表や、現政治家の超大御所が集まりました。ご年配の方が多いので、音量はやや大きめでと・・・・
 

Play Hard

Published by on 2013, 8, 7

「遊ぶために働く」これこそが私の最近のテーマになりつつあるのですが、何かの本に男の40代は人生2回目の20代と書いてあったのをフと思いだしました。最近は、これまで生きてきた中で、一番自分の人生をエンジョイしている時期だと思うので、お金に関しても無駄に使わないことを心掛けていれば、ジャンジャン使った方がいい気がします。さすがに小さいながらも会社を経営しているので「無駄」に関しては敏感に反応するのですが、将来的な投資と思える分野においてイケイケで使った分は、100中80は返ってくることを知りました。しかも、その80が3倍に化けたりすることにも納得。だからビジネスって面白いんですね。

若い頃は今のように40代で楽しく生きていけることは想像もしていませんでしたし、仕事は仕事、遊びは遊びと割り切っていました。昔やっていたアルバイトの先輩によく言われましたが「おい!仕事なんだからスイッチをオンにせんかい!」あのね、機械じゃないんだから、背中にスイッチなんか付いてないわ・・・と反発してたっけ。今は仕事も遊びも常にオン、全てが遊びの延長線上にあり、一本化している気がします。

—————————————————————————-
誰もが使っている某ソフトウェア会社のサマーパーティーの写真を以下に2枚。とても楽しいDJパーティーの案件でした。

 
会場はホテルのホールにて。テーマは「マリン」ということで、ボクも水中メガネを頭に付けましたが、取れてしまいました。 

 
Yokosuka DJ Crew with Mr Lock

 
with RJ and Paje

先日、近所の河川敷で友達とBBQをやった際に10時間以上飲み続け、最後に気を失いました。だってこんなA7ランクの肉を焼くからだ!

20s, 30s, 40s

Published by on 2013, 7, 6

毎日色々な人と出会いがありまして、その際に日本人の傾向として初対面で年齢を聞くことが多いかと思います。最近はすっかり「驚かれ慣れ」をしてしまったのですが、私の見た目が驚くほど若いのは以下のような理由なのではないかと考えています。

その昔、大人になることを拒んだ私は17歳で自ら精神的な成長を止めました。どういった意味合いかというと、17歳の自分はとんでもない野望を持っていました。北海道育ちの自分にはクラーク博士の「少年よ、大志を抱け」という精神が宿っている??のですが、人間が生きていく上で夢を持つことほど素敵な事はないんじゃないかと思っています。大人になると、その夢が失われていく・・・と17歳の時に考えた私は「ずっとこのままでいよう」と自らの精神年齢を止めたわけです。いつまでも少年のような心を持つことは、自分にとって非常に大切。決して失いたくありません。

その結果、「永遠に17歳の少年」が肉体的には年齢を重ね、プラマイで20代後半から30代前半位に見える・・・という持論です。

しかしここで問題なのは、最近になって新たな共通用語が飛び交うようになりました。皆さん打ち合わせをしているのでは?と言うほど同じ言葉が出てくるのですが「生活感がない」と多くの人に言われるのです。一人二人じゃありません。10人中7人が初対面でこの言葉を放ちます。超ゲットー育ちで、叩き上げ系、矢沢永吉の著書「成り上がり」をバイブルに育った私が何故??全くわからないので、時間のある時にでも新たな持論を打ち立てることにします(苦笑)

さて、私の周りでは日々色んなことが起きておりますが、先日10年以上ぶりにクリヤマコトさんという世界的にも有名なピアニストに会いに行きました。クリヤさんとの出会いは奇跡的で、今となっては入手不可となった、私Jobowの1stマキシシングル「Move On」(1996年リリース)を何かのご縁で聞いてくださり「この作品は君が作ったのか?」と電話をかけてきてくれました。作品自体は全く売れませんでしたが、クリヤさんをはじめ、音楽的に非常に理解のある方々に制作力についてお言葉をいただき、当時の自分にはとても励みになったことを覚えています。セカンド・シングルのリリース・パーティーでは、なんとノーギャラでバック演奏に参加していただき(3回殺されても罪は償えない)、若き私に的確なアドバイスをくれました。当時の言葉は10年以上経った今でも、自身の教訓として身についております。(と言うか、当時は青二才の馬鹿者だったので、今になって言葉の意味が理解できるようになった、が正しいです)

「20代はがむしゃらに仕事に熱中し、30代でその努力が少しずつ実る。40代で周りの人に助けられ次第に夢が叶っていく。」これもクリヤさんが当時20代の私に教えてくれた言葉ですが、40代を過ごしている今、まさに言葉通りの状況を感じています。

———————————————————————————–
思い出のスナップ

↑ 先日行われた逗子海岸「海の家」でのウエディング。右上、青の服を着て新郎新婦へご挨拶している方は、世界的にも有名な建築家の手塚貴晴さん!なんと、この海の家は設計士である新郎新婦さんの手作りなんです!
 

↑ ウエディング・パーティー二次会では「ケーキカット」の代わりに「スイカ割り」でした。見事真っ二つに割れました!もちろん、ファーストバイトもスイカの食べさせ合いです。

 

40代でやっと1歳に

Published by on 2013, 4, 2

3月の決算期を無事に終え、桜がきれいに目に映る今日この頃。モバイルDJを個人事業でスタートして4年目、法人化してからは1年生を卒業となりますが、通知表としては悪くない結果が出せたように思います。まだまだ全然駆け出しで、お金儲けにはほど遠いですが、続けていられるというのは奇跡だと思って毎日過ごしております。とにかく初心をいつまでも忘れずにハングリーでいたい・・・というのが自分の中の鉄則。5年前はまさか本当にDJでメシが喰えるとは思っていませんでした。そんな自分も本日4月2日がバースデイ。人生の3分2を生きてしまい、無計画で過ごしてきた分を取り返そうと、がむしゃらにノタ打ち回る日々です。

先日、日本人として世界的に有名な指揮者、小澤せいじさんを偶然テレビで見まして、その生きざまに胸を打たれました。病気との葛藤を経て体は既にボロボロだと見受けましたが、77歳にして音楽に注ぐ情熱ときたら半端じゃない。現在は後進を育てることに全力で向かっているようで、体に染みついた「自身の経験」を改めて言葉に発して後輩に教えを説く姿が何とも印象的でした。日本ではまだ70代を迎えたDJが存在しないと思いますが、自分にもしその時が来たら、これ以上の幸せはないな~と思いながら感極まってしまいました。

さてさて、今年は4月から予約状況がバッチリでして、我ながら今期の更なる飛躍に期待しています。特に地方への出張がどんどん増えている現状。予算さえ見合えば必要としてくれる人の所へはどこへでも飛んでいくのが基本方針ですから、その昔、音楽をあきらめて転職したトレーラーの運転手という仕事もここにきて活きてるわけですよ。人生に無駄などないのじゃ!ハハ・・・
 
ってなコトで、機材車をコロがして今日もあなたの街へ走ってます。

 
大阪だって遠くないと・・・ 

 
あれ?こんなところまで来ちゃった。どこだろ?

 
New Yorkだって車で来ちゃうし・・・って言うか、お台場だし。

 
そして、とっておきの一枚。最高にお気に入りのカップル、特にこの花嫁さん!自分にとっても忘れられない最高に楽しいパーティーを経験した。

 

Good Luck To Everyone!

Published by on 2013, 1, 24

時間は止まってくれません。そう、待ったナシですが皆さん毎日を有意義に過ごしていますか?

2013年に入り、今年の目標を決めるぞ!と思いながら、既に1月は終わろうとしています。なんて残酷な時間よ、オレの目標が定まるまでチョッと待ってれ!と、星にお願いをしたくなります。

そんな、こんなですが星は願いを叶えてくれません。おみくじの結果が良くても、それは気休めでしょう。と言いながらも、今年はちょっとした機会があってタロット占いを生まれて初めてやってもらったのですが、心臓がバクバクでした。「沢山の人と出会うと良い」と言われましたが、それはタロットじゃなくても、その通りなんです。だから会いに行きますよ、あなたに!あの街はもちろん、遠く離れた大地の果てまで。

遠く離れたところと言えば。。。。そうそう、今週も早速出張がありまして車で片道6時間、私を必要としてくれるお客様のところへ行ってきました。今まで一番悩みの種だった車の中での過ごし方ですが、大好きなインターネット・ラジオが聴ける環境が整いまして、ヒップホップをガンガンに、車での移動が苦痛でなくなりました。今年はこの勢いで、ご依頼があれば北海道や九州も行ってみたいと思っております。もちろん、飛行機でですが・・・

プライベートでの目標設定は1月が始まりですが、会社としては決算の3月まであと数か月残っております。なんとか悪くない数字を叩き出せるよう、コツコツと稼ぐのみ。2月のスケジュールにやや白い部分が多いのですが、こうなったらニューヨークにでも行ってやろうかと逆ギレ気味。(全然コツコツ稼ぐ気がありません)

さ~て、さて、2013年も大暴れしますよ!皆さん安全ベルトをしっかりとしめてくださいね。

寝る前に、お星様にお願いするのを忘れないでっと・・・・

2013年は皆さんにとって、幸運をつかむ年になりますように!!!

Finalize 2012

Published by on 2012, 12, 18

激動の2012年もあっという間に終わりに近づいておりますが、皆さんにとって今年はどんな一年だったのでしょう?ここにきて日本の政界はどんでん返しの展開となり、政治家のための政治が新たに始まろうとしていますが、果たして来年は私たちの生活にどんな影響を及ぼしてくれるのか?悲しいことに今回の投票率を知る限り、そんな期待は全くしていない方々が圧倒的に多いとは感じています。

数年前、元首相の野田さんは何年にも渡って千葉の船橋駅で毎朝「民主党」のビラを手配りしており、私もそのビラを受け取っていた一人です。自民の阿部さんは私の娘が通う学校の出身ですから、応援するべきなのでしょうが、いったん自ら職を去った方が再びトップに返り咲くというのはそのシステム自体に問題はないのでしょうか?普通の中小企業だったら絶対にあり得ないことだと思えて仕方ありません。おっと、政治の話を長くするつもりはありませんが、関心が高いだけについつい熱くなりがちです。

そうそう、自分の1年間を振り返りましょう。今年は急激な上昇ではありませんが、階段を1段抜きくらいの間隔で上がっている感触がたまりません。会社自体に激しい急上昇や急降下についていく体力がまだ出来ていないので、恐らくその状態がベストの状態だと確信しますが、9月から年末にかけての時間の流れは、今の自分にとっては精一杯でした。まるで暴走する車のボンネットにしがみついている状態。振り落とされないように必死につかまっていました。毎日が「新しい」の連続で、新しい出会い、新しい現場、新しい依頼内容。この歳になってもこんなに新鮮な気持ちで毎日を過ごせることは、なんて素敵なことでしょう。プライベートでも色々と経験させてもらった1年でしたが、それはまたの機会に話しましょう。

来年というか、今後のビジネスにおけるキーワードは既に決まっておりまして、ズバリ「人」です。非常に難しい分野なのはわかっているのですが、絶対的な方向性が同じ自分の分身がいないと、次のステップに進めないことが分かっています。私はDJであり、音響屋さんですが、それ以前に音楽で人を喜ばせることが大好きなサービスマンだと思っています。もちろん職人気質なところもあるのですが、基本的には営業マンだと思います。その部分を同化出来る仲間がもっと増えれば、もっと多くの音楽を必要としている方々に、自分の声が届けられると信じています。

何度も言ってきましたが「音楽で人と人をつなぐ」・・・これこそが自分のライフワークなんです。

----------------------------------------
12月活動日記の一部
 
某企業のパーティー500名規模。ホテルの会場を丸ごとDiscoにしました。

 
ステージに続々と上がっていただき、そして踊る!

 
日帰りで京都へ。もちろん音響機材を運ぶ車と共に。。。。全国出張可能なんです。 

 
クリスマス・パーティーも盛りだくさんでした! 

Blogger

Published by on 2012, 11, 19

何かが出来ないことに対して「忙しい」というのを言い訳にするほど、格好の悪いことはありません。最近、お客様に「ブログの更新頻度が悪い」とお叱りをいただきまして反省しているところでございます。そうです、あなたに言われたんです!ごめんなさい!

神様が与えてくれた平等な条件に、一日の長さというのがあります。1日は24時間で、分に換算すると1440分。オレは1445分だよーって人はいないハズです。その決まった時間内で仕事をする際に、目に見えてお金の絡むことが特に優先順位が高く、直ぐにキャッシュに結びつかないものは後回しになりがちです。

そんな私も昔、飲食店で働いていたときは15分でめちゃくちゃ集中して内容を詰め込んだブログを毎日書いていました。1年間続けた頃ですが来店するお客さんは、高い確率でブログを見ていたので、私が初対面でも数週間の出来事を知っている方が大勢おり、お客様が以前に私と会っているような錯覚を起こす。でもそれが上手くビジネスに結びつき、結果的にキャッシュへと結びつきました。

その時の味をしめてか、この商売をスタートした時も自分自身を知ってもらおうと、このブログに着手しました。こう見えてもDJにしては意外と真面目な人間なので、それを知ってもらえば何かの役に立つかもしれないと・・・結果どうでしょう?やはりその通りになりました。ブログを見て最終的に仕事を依頼してくれたり、どんな仕事をやっているか知ってもらえたり。いつも情報が新鮮だと、見るたびに親近感を覚えてくれます。一方通行ですがコミュニケーション能力はバッチリなわけです。

ブログをやっていて、一番罪なのは「更新しないこと」だと思います。情報が古いのはイメージがよろしくない。だらしなくて更新が続かない人とか、もしかして死んじゃった?なんて思われたり・・・。

だからって、明日から毎日更新するぜ!なんて言えないんだけどね。えへへ・・・

——————————————————————————–
フェイスブックにはアップしたんですが、見てない方のために。今年のハロウィン・コスチュームです。

 
Canada大使館が主催したカナダ映画祭で「Dead Before Dawn」という映画の監督と主演女優が来日しました。バック・トゥー・ザ・フューチャーの博士役でお馴染のクリストファー・ロイドも出演しているホラーコメディー映画。カナダでは初の3D映画となるそうです。

 
この長ーいウエディング・ケーキ。実はストーリーがあります。当日結婚した姉妹のお姉さんが、結婚はしているが式を挙げていない妹夫婦のために、サプライズでケーキカットをさせてあげたんです。深く関わったお客様だけに感動も深かった。

 
もうひとつ、感動した結婚式二次会。ウエディング・パーティーにしては長い6時間のDJプレイ。ずっと盛り上がりっぱなしで、うれしくて感動した!

たのしいはつよい

Published by on 2012, 10, 3

人生色々と山あり、谷ありだが、全ては試練。だったら楽しい方がいいし、笑っていたい。
難しい顔で考えても、解決しないことはある。だったら楽しい方がいいし、笑って解決したい。

苦しさに耐える練習だったら、楽しく練習したい。
楽しさに苦痛はない。楽しんでいる人には敵わない。

人生を楽しんでいる人が放つパワーはスゴイ。周囲を巻き込んで元気づける。楽しさはそこから世界へと伝染する。

幸せを呼び込む感情は楽しさが占める。

ひと時の「不」をねじ伏せるのも、楽しいひと時から。

どん底からはい上がって、やっとわかった気がする。彼に勝る者はいない。だからボクは彼を選ぶ。

彼と共に生きていくんだ!

————————————————————————————–
【9月の活動一部を写真で紹介】
 
大ホールがディスコに変身!

感動の花嫁道中 第2弾 

どのウエディングも心に残ってます。毎週素敵なカップルが誕生し、その証人となりました。

 
プールサイドのパーティーが今年は特に多かった。

 
大使館業務では素敵なコンサート。

 

My Endding

Published by on 2012, 9, 1

私たちの間には、必ず出会いと別れがあります。そして、物事には必ず始まりと終わりが存在します。その間には経過があって、そのプロセスを通じてどれだけの結果がだせるか、どれだけ密度の高いことを成し遂げられるかは生きてる上で最大の課題だと思います。

例えば子供が生まれ育てる過程で言うと、オギャーと生まれた初めの1歩から、ホホを寄せてかわいがる4歳ころまで、盛んに知恵をつける10代初期まで、経験が繊細に感情を作り上げる20代前半まで等、いつまでも赤ちゃん感覚のままで育てる訳にはいかず、親はそれぞれの時期に自分の持っている知恵と経験から身をもって子へとアドバイスを贈ります。時には体でぶつかる時もあるでしょう。これらはすべてプロセスであり、密度の濃い親子関係を築いた分、子供も得るものが大きいはずです。

今回、私が考えているのは終わりのこと。今の例え話で言うと、最後に親の背中をいかに見せられるかと言う点。学校だったら卒業の時にどんな想いで後を去ることが出来るか、結婚式だったら退場の際にどんな気持ちをかみしめているか、一日の仕事の終わりにどんな達成感を得ているか、そして人生最後の日はどんな生き様を見せて格好良く、この世とオサラバできるか・・・・

最後に悔いがが残るのも、格好が悪いのもヤダ。でも、それには今生きているこの瞬間、この通過地点がとても大切。

何事も全ての最後のシーンは素敵に格好良く。最後のシーンのために今を生きる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

おまけ写真


毎日、ひたすら高速を走ってます! 
 

I Love 千葉の海。とにかく千葉が大好きなんです。
 

東京都内で一番近いアメリカ、New Sanno Hotel のイベント。
 

Navy内のバンド3rd Degree の女の子と。彼女達は9月で契約終了で帰国の途につく、さみしい~~
 

Time Line

Published by on 2012, 6, 20

皆さんは一日のスケジュール管理、どのようになさっているのでしょうか?実はわたし、一日の管理が下手なんです。

自分の場合、会社で雇われていた時はそれほど気にしていなかったのですが、それはやることを終わればその日はおしまいだったからです。今日はここまで、と決めてそれが終わるまでがんばる。しかし今は「よしこれで今日は終わった・・・」という線を引く場所をなかなか見つけられない。つまり、仕事の終わりは自分が止めればそれで終わり。それが夕方18時でも(←めったにないが)夜中の2時でも関係ない。サラリーマンではないところの自由さであり、厳しさでもあります。立ち上げた当初は「自分の会社だから、好きな時に釣りに行ける」と思っていましたが、とんでもない。会社務めの時は月に最低2回は行っていた釣りですが、今は年に1回くらい。しかしね、不満は釣りに行けないことくらいで、死ぬほど仕事が面白い!まさに今までの人生で味わったことのない経験をさせていただいている毎日の連続であります。

話はもどり、私のスケジュール管理法ですが、意外とアナログ。方法はとにかくメモること。手帳はもちろん、それとは別に持ち歩いているメモ帳、ホワイトボード、カレンダー、そして最近一番困っていることに気付いたのが、そこらへんの紙にメモってしまうこと。その要件を思い出すのに、どこにメモったかを探すことから始めるという始末の悪さ。もっと最悪なのは、朝に今日の「やることリスト」を一番で作って、それをなくしてしまった日。「やることリスト」が見つかるまで何も出来ない状態というアホさ。かなり自分へのストレスになります。

何か良い方法はないだろうか・・・・・・?

おまけショット① 自分の写真ってなかなか撮らないので貴重です。

おまけショット② 心に残る挙式・・・私が関わっているのは全て心に残っているものばかりです。

おまけショット③ ここでは仕事ではなく、参加する側となりました。ラジオ番組の制作会社から今でもマブダチとなっている悪友?のウエディング・パーティーにて。