Nuts 4 Tracks
Talk about My Life Works

High School Graduation

Published by Jobow on 2015, 3, 8

今のシーズンは受験生や受験生を持つ親にとっては大変なシーズンですが、これを終えると必然的にやって来るのが、卒業です。わたくし事ですが、先日子供の高校卒業式に出席しました。数年前、中学受験に苦しむ子供を応援し、あれから6年、中高一貫校へ通いきりました。毎日千葉から都心を通り越し片道2時間、武蔵野市まで通学した子供には尊敬という言葉さえ頭をよぎります。自分は北海道育ちなので、朝の満員電車は地獄で目的地へ着いた時にはすでにボロボロになってしまいます。

過酷な通学に加え、毎年全国大会へ出場しているテニス部の練習は夜まで続き、それが終わると進学校ならではの宿題量をこなす。訳のわからないアメリカの高校しか行ってない自分と比較すると、なんと優秀な子供を持てたのかと、本当にありがたく思います。しかも大学は早稲田の推薦をすんなりと進んでくれ、受験戦争には参戦せずに済みました。

思い起こしてみると、子供には一度も「勉強をしなさい」と言った記憶がありません。勉強を遅くまでしているのを見て、「あまり無理をするな」と言ったことはあります。テニスに関しては「もっと練習しなさい!」とばかり言っていたのに対し、地道な練習をするのが苦痛のようでした。何なんでしょうね?コレ?

中学生くらいの年代を越えると、子供と言っても人間ですから精神的な苦痛を味わったり、思春期のメンタル的な不安定さを経験したりします。大人になっても同じで、苦痛に耐えられず負けてしまう人間が多く、学歴の優秀な人間でもメンタル的に弱い人間は世の中に出てから非常に苦労をしています。それを考えた時に、過酷な練習を迫られる部活動の経験は将来役に立つのではないかと思います。部活動の試合では、私自身あまりにも頻繁に出没するため、名物オジサン的な存在でしたが、その様子を間近で見ていると、生徒内の上下関係や人間模様は会社の縦社会と全く変わらないものでした。

社会で活躍できる優秀な人間とは、もちろん頭の良さも第一ですが、それ以上に健康な体とメンタルの強さが必要だと感じてなりません。子供にはまだまだ多くの試練が待っていますが、それに負けず強い精神力を養って欲しい。そして、そのサポートを遠くから支えるのが親の役目ではないかと思います。
.
.

Papa’s Day

Published by Jobow on 2011, 6, 22

すっかり忘れていたのですが、先週18日はアメリカ、イギリス、カナダ、中国などなど世界的に「父の日」だったようです。「父の日のDJパーティー」というのは残念ながらご依頼がないのですが、自分が家族からプレゼントをもらうなど感謝の意を伝えられるのは、なかなか嬉しいものです。自分は父親のありがたさを知らないで育ったので、いざ自分が父親になった数十年前は色々と戸惑いがありました。今は子供から出来るだけ尊敬されるような父親になれるよう。。。と、それだけは肝に銘じておりますが、一体子供の目には自分の存在がどう映っているのか全く”あなたの知らない世界”状態でございやす。

それはそうと、最近は仕事か子供のテニスかという毎日を送っていた事情で、大好きな「釣り」にも行けない日々。すっかり晴れた今日はついに我慢できず、釣り仲間にコンタクトを取ってしまいました。コンタクトを取った仲間も大喜びで、近日中に海へ車をひた走らせることとなりそうです。今回は船を借りて(と言ってもペーパー免許ですが・・・)一日船長気分を満喫しようかと思っております。大漁の魚を両手に東京湾の船上で満面の笑顔を浮かべて写真に写っている自分の姿を今から想像してしまいます。← ← (バカに幸せなヤツ)

週明けは2年ぶりに人間ドックに行ってきたのですが、何人もの若い女性看護師さんに裸を見られ腹部に視線を感じる中、バリウムで気持ち悪くなったところに最新設備のX線台に乗りグルグル回され、視力検査ではどうせ見えないので適当に答えていたところ、かなりの的中率で当たってしまい視力がとっても良い人に。。。そして何故か最後になった採血では血を4本分も抜かれヘロヘロ状態。2週間後の検査結果が怖くて毎日眠れない日々。寝れないので夜中はゴソゴソと趣味の浅漬け作りに精を出している、そんな最近のプライベート報告でした。


↑ これが元気の素。仕事机の前に貼ってあります。娘から「父の日」にもらったプレゼントのメッセージカード。

Mentaly, Technically, Physicaly

Published by Jobow on 2011, 5, 5

ここ2年間くらいでしょうか、海外旅行も行かず、夏休みや冬休み、勿論ゴールデンウィークなどの祝日や通常の土日を含む休息日は子供のテニスのために時間をつぎ込んでいました。現在も進行形で、このお休み中も仕事が無い日以外は早朝からテニスコートへ通っています。

そんな自分の子供が一番勝つこと目標としていた大事な試合が先日行われたのですが、結果は予想外にもあまりの緊張で体が全く動かなくなり惨敗してしまうという衝撃的な結果となりました。私自身もその日のために、相当な時間を費やしてきたので、あまりにもショックについには倒れて寝込んでしまいました。

自分自身も18歳から24、25歳位までボクシングをやっていましたから、試合の時の緊張感というのは良くわかります。普段の練習で簡単に出来ることが出来なかったり、ちょっとした集中力の途切れに大きなミスをしてしまったりするものです。そしてやっかいな「緊張」という魔物は体を思うように動かしてはくれません。だからこそ、死ぬほど同じ練習を重ねるのです。

スポーツの世界では【心技体】の全てが揃っていなければ、本当の意味で強くはなれません。「心」つまりメンタル、「技」技術つまりテクニック、「体」はその基礎となる体力のことです。中でも一番教えるのが困難なのはメンタルでしょう。勝負の時には「絶対に負けたくない」という想いがどれだけ強いか、お互いに同じ位の選手レベルなら、あとはその気持ちが強い方が勝者となります。

そして、このことは大人になって社会に出ても同じ。自分がこうなりたいと願えば願うほど、その道は切り開かれて行く。行く先が困難であればあるほど、強い精神力が必要になってくると思います。

Back to Biz

Published by Jobow on 2011, 4, 9

先週からようやく米軍関係のクラブがオープンしたのですが、残っている関係者のためにも元気にDJ プレイに行って参りました。人は少なかったんですが、やはり仕事ができることの嬉しさで心が踊ること。。。
 
今週は現場でのお仕事が無いかわりにミーティングが一杯に入っておりまして、今後のための仕掛けへとあくせく足を運ぶ毎日でした。そんな中訪問した上野公園はサクラやらパンダやらで人が多く、自粛しているハズの花見も結構な人々が楽しんでいるようでした。どんちゃん騒ぎで飲んだくれの花見には私も反対ですが、仲間と元気を分け与える機会としての花見には大いに賛成です。何でもカンでも自粛をすると返って失うモノが多くなるのではないでしょうか?

 
さて、兼ねてから個人的にも楽しみにしていたパートナーのカフェ一号店が月曜日にオープンしまして、その記念パーティーへ家族と共に行って来ました。ちょうど私の子供が横浜でテニスの試合が重なったこともあり、その帰りに家族そろって参加する運びとなったのです。以前このブログにも書いたように音響の工事をしていて落っこちたこともあり、非常に想い入れもあります。とても素敵なお店で、早く自分もお店を持ちたくなりました。実は私、定食屋をやりたいんです。いつになるかわからりませんが、企画は既にあったまっているのです。。。しかしカネが。

Cafe & Beyond
横浜市都筑区北山田1-9-3 地上1F
Phone 045-593-8404
Open 7:30-19:00 Mon.~Sat. 
(コーヒーが本気で安くて美味しいです。)
 
そろそろお仕事が通常の流れに戻りつつあります。
やる気に満ちてウズウズしています。春よ来い!早く来い!

My Brother

Published by Jobow on 2011, 3, 15

毎日の報道されている被災者のコメントをテレビで見ていると涙が止まらなくなります。とても人ごととは思えません。今回の災害で被害に会った方々には本当に心よりお見舞い申し上げたいと思います。

私の弟分で昨年宮城へ行った10代からの幼馴染みが、ずっと行方不明で探していました。何度電話しても通じることがなく、本気で宮城へ探しに行こうかと考えていた矢先のつい先ほど、ようやく連絡が取れて本当に嬉しかった。まだまだ現地は厳しい状況ですが、出来るだけ現地の情報を共有しながら自分の身の回りで出来ることをやる・・・これに尽きます。

ここに来て私が依頼を受けたウエディング関連のお仕事はキャンセルや順延が相次いでいますが、事情を踏まえると仕方ありません。そんな中、先週の大地震の翌日にいただいたウエディング・パーティーは判断が難しいところ決行していただいたので、喜んでそのお手伝いをさせていただきました。

こんな時だからこそ、本当に感動的なお仕事となりました。とても元気をいただいて、また頑張る気になりましたよ。お二人には絶対に幸せになっていただきたいと思いました。

まだまだ余震が恐怖を襲いますが互いに協力し合って前向きにこの危機を乗り越えていけたらと思います。

今回、多くの取引先のお客様、友人関係、親族の方々より個人的にご連絡をいただきました。皆様には心からお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

印旛の鰻(うなぎ)

Published by Jobow on 2011, 2, 23

平日は会社員のように弊社モバイルDJ の営業マンとして都内を走り回り、週末はパーティーの現場でDJ として活動しているのですが、先週末は久々に現場のお仕事がオフだったので前から行きたかった「あの場所」へ家族と共に足を伸ばしました。

印旛沼漁業協同組合
成田市北須賀1622-2
TEL:0476-26-9906
営業時間:11:00~18:00

かなり前に一度行ったのですが、その味が忘れられずにずっと胸にしまっておいた場所。それが千葉の印旛沼にあるウナギの養殖所を兼ねたレストランです。

ここのウナギは利根川に上るうなぎの稚魚を採取し養殖しているのですが、近年出回っているウナギが中国産なのに対し、国産の天然ウナギに限りなく近い状態で提供してくれる唯一のお店です。うな重の(上)が2000円にご飯は大盛りと良心的な値段もステキ! 店員さんが運んできた蒲焼きを見たとたん、自分の口の中にヨダレが大量に溢れ出たこと・・・

上手く説明できませんが「あり得ない美味しさ」とはこのことです。

3月を目前に新しいプロジェクトの立ち上げで大忙し!
ばっちりスタミナを付けたので、あとは突っ走るのみ。。。といったところです。

Party in East Tokyo

Published by Jobow on 2010, 10, 10

香港の方がオーナーを務める、江戸川区に2店舗のイタリアン料理店を経営しているAlbero(アルベロ)というお店があるのですが、7周年記念とオーナーの誕生日を兼ね、一之江店の方でパーティーをさせていただきました。

ここのオーナーと店長の松原さん、そしてファミリーの皆様には最近とても良くしていただいております。自分も海外在住経験があるだけに、海外でビジネスを展開する難しさをわかっていますが、母国以外で地域密着型のビジネスを成功させているという非常に興味深い人物なんです。

当日は物凄い雨にもかかわらず、常連のお客様がお祝いの花をかかえてゾロゾロとやって来ました。皆さん、結構年配の方が多かったのですが、時間の楽しみ方を知っているようでして、音楽が好きな人は踊り、食事を楽しみたい方は料理やお酒を楽しむという、とても自由な空間を時間が流れました。

まさか江戸川区で、ここまで自分の思い描いていた家庭的なパーティーができるとは想像もしていなかっただけに、ちょっと感動・・・今後も頻繁にお付き合いいただけるということで、非常に楽しみです。

ちなみに次回は船堀店にて10月30日(土)ハロウィンパーティを開催します。4000円ビュッフェ込み、ダンスパフォーマンス、ゴスペル・デュオM&Wによるパフォーマンス有り。今から何の仮装、もしくはコスプレをしようかと結構悩んでいます。


↑ イタリアのブランド豚「イベリコ豚」の生ハムをスライスしているオーナー。ほぼ食べ放題状態でした。メチャクチャ旨かった!

Jobow with Wakko
↑ M & Wのシンガー、wakko さんとツーショット!

Experiences

Published by Jobow on 2010, 7, 16

自分の娘がテニスをやっているのですが、今期は地区大会を勝ち抜き、関東大会も勝ち抜いて、全国大会へコマを進めました。中学1年生から3年生まで合わせて45人ほど在籍する部員の先発メンバー10人に選ばれているのですが、残念ながら実際に試合に出させてもらうチャンスが少なく、それは何故か父なりに考えました。

分析結果ですが、まず思ったのは実戦での経験が少ないために試合で実力を出し切れない。スポーツをやっていた方ならわかると思いますが、試合数で実戦をこなすごとに、目標に向けてトレーニングを積んだり、試合での敗北から学んだり、緊張のプレッシャーと格闘したり。。。と、やはり強くなるには実際に戦うことが大切。練習ばかりではいけないんだ・・・と気付きました。

そんな訳で私、わたし父がとった行動がこれ↓↓↓(ドラえもん声で)
「来週からの夏休み、あり得ないほど過密な試合スケジュール!」

もちろん、子供と相談しながらですが8月末まで毎日のようにガッチリ試合を組みました。試合の申込み1回ごとに5000円、金がかかります!しかし、今はとにかく経験を積ませて、まずは自分のプレイができるよう土台を作ろうと・・・小学校2年生からやってますんで、そろそろ目覚めさせてあげなきゃ。でも、よく考えるとコレって完全に親のエゴかもしれませんな~

Cirque Du Soleil

Published by Jobow on 2010, 6, 24

昨日は早めに営業やミーティングを終わらせ、夕方から浦安のディズニーランドに会場がある「シルク・ドゥ・ソレイユ」(フランス語で太陽のサーカス)のショーを見に行きました。wiki によるとシルク・ドゥ・ソレイユというのは、火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年にカナダで設立したエンターテイメント集団、及びそれを管理する会社の名称・・・とのこと。私自身、初めての経験だったのですが、前日に2時間しか寝ていなかったこともあり、意識もうろう状態で夢と現実が交差する錯覚の中、ショーを観覧することになりました。

席はステージから見てド真ん中のワイドビュー席。市川市民の特権で期間限定5000円のチケットをゲット!日経の朝刊にはさまれた広告を妻がしっかり持って来たようです。目の悪い私には出演者の表情がわからないのが少し残念でしたが、もし後方の席を取るのであれば双眼鏡を持っていくことをお奨めします。

ステージ1時間半ほどで主人公のZED(ゼット)がメインキャラクターとなり、目が回るほどの勢いで洗練されたストーリーが繰り広げられます。恐らくフランス語だと思うのですが、言葉がわからなくても大体の雰囲気でストーリーを察することができると思います。

2人の道化師がきっかけとなりステージが開幕し、そこからは空中ショー、バトンを巧みに宙に舞わせ、ロープを芸術的に操り、炎が飛び交うなど一時も目が離せない。人間バベルの塔やハイライトのフライング・ショウは手に汗を握ってしまいます。そして最も感動的だったのは男女の体が芸術的にからみ合う「Hand to Hand」(天と地の出会い)というパート。人間の体をあそこまで芸術的に表現できるとは・・・・

仕事柄、一番気になったのはやはり音楽ですが、激しい曲芸が展開するステージの後方で演出する生のバック・バンド。信じられないほどの躍動感をかもしだすミュージシャンたちでしたが、ミュージシャンとしての技量もワールド最高級クラスのレベルだったと思います。ロックあり、オペラありで、あの演奏があったからこそパフォーマンスもより繊細にダイナミックに表現されるのだと思います。

今年もそろそろ夏休みがやってきますが、ディズニーランドでの思い出作りに子供たちの記憶に残るビックサプライズとなるでしょうね。

Villa Karuizawa

Published by Jobow on 2010, 6, 2

先週末は某テレビ局関係者の別荘にご招待いただき、初めて軽井沢に足を運びました。あいにくの雨だったのですが、とても素晴らしい場所で自分にはあまり縁のない土地という考えが360度変わったように思います。

もともと海が大好きですので、将来的に別荘を構えるなら都心からもほど近い千葉の奥地が良いと思っていました。朝、起きてカーテンを開けると果てしなく広がる太平洋から眩しすぎる朝の日差しが降り注ぐ。ちょっと朝飯のおかずにとボートで釣りへ沖にで出る。なんて瞑想を描いていたのですが、軽井沢のような山に囲まれた土地も悪くはないぞと・・・・。

軽井沢ではホテルを手配していただいたのですが、その部屋にはなんと檜の露天風呂が!なんとも気持良いではありませんか↓


 
招かれた別荘地はひっそりとした山中にそびえる、暖炉のある木の家でした。天井が高く、素敵な音響設備も完備。ちょっと寒かったですがバーベキュウとワインを楽しみました。
 
次の日は妻と観光めぐりで、軽井沢銀座へ。ちょっとした小旅行気分を楽しむことができました。
 

JD’s 18th birthday

Published by Jobow on 2010, 5, 18

週末は米軍基地のホームパーティーでDJ をさせていただきました。いつものように集合住宅の1階にあるパーティールームで機材をどっさり積み上げて夜まで大音量でドカンドカンとやらせていただきましたが、持って行った機材が250名用のもので大き過ぎたせいか、さすがに途中でボリュームを落とすように言われました。今考えるとアメリカ人と言えども耐えかねる音量だったのかもしれません。

主役となったのは18歳の誕生日を迎えたフィリピン人2世のジェラルディーンちゃん。お母さんが一生懸命に用意したケーキにまずは圧倒されました。ちょっと考えつかない豪快さで、お菓子の国にでも迷い込んだ気分にさえなります。

誕生日ケーキが1個である必要ってないんですね。並べられたケーキは全部で5個。写真ではわかりませんが、その周りにはキャンディやジェリービーンズの山。これを見てテンションの上がらない子はいないでしょう。

食べ物も山のように用意されているのはアメリカン・パーティーの特徴でしょう。食べたりない・・・というおもてなしは許されませんので、余るほど用意するのが当たり前。ボクも次の日の朝の分までテイクアウトしました。

子供の誕生日パーティーで依頼される機会が非常に多いのですが、最近特に思うことは、こういった親の共通点に「子供想いの素晴らしい両親」という揺るぎない存在を感じます。母親だけではなく、父親だけでもなく、両方の親が本当に素晴らしい人間性を持って、ボクを含めパーティーに参加する人々に接している姿を見ると、心がいやされます。

Birthday Party in Yokota

Published by Jobow on 2010, 5, 10

久しぶりに横田基地の中へお邪魔しホームパーティーのお手伝いをさせていただきました。横田ベースへ入るのは何年ぶりでしょう?10年くらい前は毎週のように通っていましたが、現在のMobile DJ のお仕事では横須賀基地がほとんどなので、朝からワクワクしていました。

入場許可の受付けが日本人だったので、書類審査の手際の良いこと・・・ホストとなってくれたのは、誕生日を迎えるご依頼者の父親で軍服を着てのお迎えでした。

実際に横田基地へ入ると昔と何も変わっていませんで、びっくり。エアフォースの基地ですから敷地の広さは関東内では別格ですな。案内された住宅施設は建物の老朽化が進んでおり、重低音のウーファーを使うとビルの壁にひびが入ってしまいそうで心配でした。(←それはウソですが)

さてさて、12歳の誕生日を迎えたマイルズ君。ゲスト・パフォーマーにお兄さんの3人ラップ・グループ「アカデミー」を迎えスマークマシーンで真っ白の中、派手な演出を仕掛けてあげました。

個人的に12歳くらいの年齢が一番何をかけて良いのか難しい!16歳くらいの子達ですと、どんな音楽を聴いているのか大体想像できるのですが、あまり4文字熟語の汚い英語を使うヒップホップは避けなければいけませんし、ん・・・難しいところです。

結果的には多くの子供たちに自分の誕生日パーティーに来てほしいと言われ、名刺をばらまいてきました。

いつも思うのですが、自分の子供にこれほど大掛かりなパーティーを企画するアメリカ人の父母の姿には非常に感心してしまいます。本当に素敵なお父さんお母さんたちです!